2019年07月26日

Logicool トラックボールマウス M570

ロジクールのトラックボールマウス M570である。
チャタリングを修理して快適に使えています。トラックボールマウスの良いところは手首の負担が少ないことでしょうか。
その分ボールを弄る親指に負担が行きますが、手首よりはずいぶんと楽です、自分的には。あと机が狭いのですがトラックボールマウスであれば、マウス自体は固定しているのでありがたいです。
はじめは、親指でのコントロールは違和感があったり細かい制御ができなかったりしますが、1、2日使っているうちになれますね。で、普通のマウスに戻れなくなります。
ただM570はデザインが古く、ホイールの左右チルトができなかったり(押し込みは可能)、追加のボタンが2個で少ないというのがあり最大の欠点だと思います。

個人的にはマウスに必要なボタンは、コピー、ペースト、進む、戻るの4つです。後はいりません、キーボードのショートカットの方が便利だから。ロジクールには、セットポイントというカスタマイズツールがあるのですが、自分はデフォルトのの進む、戻るに、コピー&ペーストを割り当てています。あとカスタマイズできるのはホイールのプッシュに戻るを割り当てたいのですが、これがセットポイントでは設定できません。このため SetpointPlusというフリーのツールを使って、割り当て可能にしています。ただM570のホイールボタン硬めなんですよね。

あとセットポイントにはアプリがマウスのボタンの設定を勝手に変えてくれるのを禁止するチェックボタンがあり、禁止の設定にしているのですが、使っているうちに設定が解除されて(チェックが入って)しまうのはなぜだろう。これが唯一の不満かな。
000562.jpg
posted by 加藤屋 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186327862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック